2009 ヴァカンス・フランス

2009年5月 4日 (月)

フランス文化を満喫

101

ボケボケの写真ですが…coldsweats01

ルーブル美術館のモナリザです

パリ、2日目はミュージアム・パス(2日券 32ユーロでパリ市内の50箇所の美術館、施設がならばずに入れるパス)を使い

ルーブル美術館・オランジェリー美術館

凱旋門にのぼり(これもパスで入れます)

ピカソ美術館を回りました

2

3日目はヴァンヴの蚤の市、ラスパイユの朝市と巡り

あっという間にパリ四日の滞在が終わろうとしております

今日の深夜便で日本へ帰ります

旅の詳しい話はまた帰ってから…

これから最後の贅沢

ホテル・ムーリスのメインダイニングへ行きます

三ツ星レストランは、メーデー、土日と連休になり帰国日のランチタイムしか予約が取れませんでしたが

ヤニック・アレノ氏の料理の世界 楽しんできます

それでは 日本に着いてから また

アビアント~

|

2009年5月 1日 (金)

再び Parisへ…

1 ボルドー空港を発ったエールフランス機は

パリの南東 オルリー空港へ定刻(17時)に着いた

懐かしい…オルリー空港

昔、「AOMフランス航空」というのが日本に乗り入れていて

モスクワ経由で安くパリへ行けた

DC10のぼろい機体に揺られてオルリー空港へ着いたのがもう何十年も前の話である happy01

さて、タクシーでマレ地区にあるホテルへ向かい

チェックインを済ませ サン・ポール駅周辺を散策

今日は5月1日メーデー ヨーロッパではほとんどの商店がお休み

日曜日でもにぎやかなこの界隈はメーデーでもやっている店が多いようだ

とりあえず 少し早いけど(といっても もう19時) 夕飯でもいただきましょう

とビストロ街を物色 美味しそうなお店をみつけ 飛び込んだ

早い時間だったのでお店はガラガラだったけど

やがてどんどん客が入ってきて 店はあっという間に満席

こちらはスモークサーモン専門お店のようで店の半分がショップに

もう半分がレストランになっている

ショーウインドーに並ぶスモークサーモンだけでも産地別に数種類

その他 海老のカクテルや魚卵を使ったパテ 「いくら」もあった

フランスへ行ったらサーモン・フュメ(スモークサーモン)を食べるんだ って思ってた

だって 日本のサーモンより安いし美味しいし肉厚~ happy01

で、こちらのお店に飛び込んだのだ

P1010413 お疲れさま~

無事にパリに着いたね

と、クープ・ドュ・シャンパーニュで乾杯

ちびたがこちらのプレート

サーモンマリネとサーモンのタルタル

海老のカクテル あと もうひとつはなんだかわからなかった

けどヴィネガーが利いてて美味しいペーストだった coldsweats01

P1010416 ケビンはこちら

正統派の フィユメ・ドュ・サーモン

いくらも付いてました

P1010417 デセールはこちら

カップに入ったかわいいもの

ケビンがフロマージュブランの赤い実のソース添え

P1010418 ちびたはイチゴとルパーブのコンポート

シャンティ(生クリーム)添え

P1010419_4 甘すっぱくておいしい

ルパーブの植物繊維もグ~ですね happy01

人間 おいしいものを頂くと心に余裕がでてきますね

旅の疲れも 不思議と笑顔で乗り切れるものなのです。。。

食べ終わって外に出るとようやく日も暮れてきた

こちらはこの時期夜の9時でもまだ明るいのP1010420 です

AUTOUR du SAUMON

Saint Paul

60, rue François Miron

Paris 75004

Tél 01 42 77 23 08

|

ひとつの旅が終わり…

P1010369_3

サンテミリオンの街を後にして

私たちは Paris へ戻ります

いつも… そこを離れるとき…

なんともいえない気持ちになる

私たちを暖かく迎えてくれて ありがとう

また いつか ここに来れるときがあるのだろうか…と

切なさに包まれ 残された時間でこの景色を目に焼きつけ

ここの風を肌で感じている…

サンテミリオンでの滞在はたくさんの写真と一緒に書き込みたいので

こちらも帰国してからのお楽しみに wink

再び葡萄畑の真ん中を走り ボルドー・メリニャック空港へと向かいました

12

さすがボルドー

ターミナルの入り口にも小さな葡萄畑があります 

Img_8154 今度は 時間に余裕をもって coldsweats01 チェックイン

出発フロアーで軽くワインで乾杯

おぉ~ なみなみ注いでくれましたぁ

ケビン~ 車の運転お疲れ様でした

そして 無事にParisへ着きますように!

ボルドーで くりくりにお友達が出来ました

13 名前は「べべ」

bébé でも BB でもありません

ボルドーから南下したスペインとの国境近く

バスク地方のバスク織 「Jean Vier」(ジャン・ヴィエ) のおべべを着ているから happy01

かわいいでしょ

 

|

2009年4月30日 (木)

ぶどう畑の真ん中で…

Photo 今日はボルドー・サンジャン駅からレンタカーを借りて

ユネスコ世界遺産のサンテミリオンへ向かう

Photo_2 朝ごはんは駅で買ったPAULのサンドイッチ happy01

セサミのバゲットに生ハム、フロマージュ、トマト、レタスがサンドされているもの

やっぱりバゲットはこっちの気候で食べると 美味しいね 

Photo

ガロンヌ川を渡って国道を突っ走る

Photo_3 30分も走れば県道に出て

周りはぶどう畑…

Photo_4 感動していると 左にシャトー・フィジャックを発見

県道からそれて細い路を入り敷地内へ入っていく

すぐにシャトーの門につくと

紳士が作業員と立ち話をしていた

パーキングに車を止め

「写真を撮らせてもらってもいい?」と尋ねる

なんと その紳士はフィジャックのオーナーだった

予約なしにシャトービジットをするのは失礼なことなので

建物の外観だけ撮らせていただくつもりでいたが

なんとオーナーの計らいで事務所に通され 係りの方を呼び案内していただけることになった

少しの時間だけどいいか? と もちろん 大感謝である

Photo_5

オーナーとの記念撮影

とても気さくでやさしいおじ様

有名シャトーは日本人に友好的で

日本の事も詳しい方が多いですね

貯蔵庫やら作業をされているところを見学させていただき

フィジャックの葡萄畑へ

Photo_6 そして… 再び車を走らせサンテミリオンの村へ

つづく…

|

2009年4月29日 (水)

幸せな香り…

4 今日は現地日本人のツアーに参加

シャトーめぐりをしてきた

参加者は7名

独身のお嬢さん三人組と

若いご夫婦

そしてちびた達

たまにはツアーもいいですね

すごく新鮮でした

ずっとケビンと二人っきりなので 

今日はまた違った楽しさも味わえました happy01

日本語での説明はとてもわかりやすかったし

メドック5大シャトーを巡れて大満足です。

2_2

ワインの貯蔵庫に入ると

ワインのふくよかな香りに包まれて

とっても幸せだった

3 シャトーラフィットロートシルトの試飲は

1995年のものだった

この一杯のワインを

出来るだけ時間をかけて頂いた

幸せの時間。。。heart04

シャトー巡りのお話はまた帰国後にたっぷりと…

5 螺旋階段に沿ってワインを陳列している

ボルドーの有名なワインショップ

L'Intendant 

ケビンはどんなワインを買ったのでしょうか? happy01

明日はボルドーの街を離れ

レンタカーでサンテミリオンへ向かいます… 

|

2009年4月28日 (火)

トラブル続きでぇ~

無事に coldsweats01 ボルドーへ着きました。

1 シャルル・ドゴール空港のエールフランス ビジネスラウンジは出発便のフロアーにあって

到着フロアからはセキリュティチェックをして入るようになっている

そこから出発便のあるターミナルに移動する時は入国審査と再びセキュリュィチェックをする

ラウンジの受付嬢に「ターミナル移動にどのぐらい時間がかかるか」と聞いたら

「10ミニッツ」 と答えた

それを信じて… 乗り継ぎ便出発時刻一時間前にラウンジを出た

最終搭乗時刻の30分前である

表示に従って進んで行くとすごい人ごみに出くわした

入国審査を待つ人の列が もうぐちゃぐちゃで

どこをどう並んでいいのかわからない状態

やばいぞ これはsweat01

そーいえば どこそかのblogに「トランジットの時間を甘く考えてはいけない

特にCDGの朝はヨーロッパの各国から到着便が着くので空港内はかなりの混雑だ」

と書かれてたっけ

と 今更思い出しても遅いのだ

とにかく並ぼう でも 並んでも人の頭でその先がどうなっているのか見えないし

いったいブースはどこにあるの?sad

近くにいた係員を捕まえチケットを見せて 時間がないの 何か方法は?

と聞いても「並ぶしかない」と冷たい答え

まぁ 最悪乗り遅れてもボルドー便はまだあるでしょ

今日中に着けばいいや とも思いながら やっぱり急いでみる

以外にも進みは速くて パルドン(失礼) エキュスキューズモア(すいませ~ん) を繰り返し

ずんずん進ませていただきやっと入国審査をクリア

さて 次はターミナル2Dへ移動だ

10ミニッツだもんね 近いしね

おしっ 間に合う! なんて喜んだのもつかの間

ターミナル2Dの遠いこと 何が10ミニッツだぁ

荷物を抱えながら 走った走った 

あんなに走ったのは何年ぶり~ もう横っ腹痛い~ wobbly

やっと2Dに着いたら今度はセキュリティチェックの列

ここでケビンが捕まって あぁ~ 時間がない~

急いで出発ゲートまで一人で走る

ゲートのお姉さんに「アトンデ~(待ってぇ) モンマリー(うちのだんな) ヴィアンドォホ パ(来ない)」

ハァハァ ゼイゼイ gawksweat01

そんなこんなでなんとか乗れた乗り継ぎ便

あぁ~ 疲れたぁ

でも、走っている途中で大変な事を思い出した

「ラウンジのクロゼットにジャッケットかけたまま忘れて来た」って

もう 戻れない…

な わけでボルドー空港に着いてから 空港事務所へ忘れ物の手続きに向かう…

トホホッ まぁ いいか 今日はたいした予定もないし

ゆっくりいきましょう と

雨が降ったりやんだりのボルドーの街

ジャケットなくて寒いぞ!

その後はゆっくりお昼を取り 美しい街を歩いたり

名物のフォアグラ屋さんやワインショップを覗いた

雨上がりの美しいボルドーの街の詳細は帰国してから

明日はワインシャトー(ワイナリー)巡りの一日ツアーです

2

 

|

Parisに着きました

P1010042 くりくり 見よ あれがParisの灯だflair

というわけで 今回は無事にパリ シャルル・ドゴール空港へ着きました

とはいってもまだ朝の4時

ラウンジ内も寂しいです

P1010045_2 これから7時半発のボルドー行きに乗り換えます

暇つぶしに…

エールフランス ビジネスクラスのお食事の紹介でも…

P1010026 搭乗して、すぐにいただくお飲み物は

迷わず シャンパーニュを happy01

よかったね

しかし‥ エアフラはシャンパングラスではないのね coldsweats01

P1010028 フォションのチェダーチーズ味のクッキーとおかき

クッキー おいしっ

定刻どうり飛び立った後お食事に‥

アペリティフにもう一杯シャンパーニュを頂き

P1010031_2 前菜は

ちびたがフォアグラ べりーとチャツネのソース

これはかなり美味しかった

南仏のワインをいただいた

P1010030 ケビンはサーモン・フュメ

蟹のサラダ添え

こちらもなかなか美味しい happy01

P1010034 メインは二人ともステーキにしました

こちらは焼きすぎてイマイチ catface

他に舌平目とチキンがありました

ワインはボルドーに変え…

P1010035 そして フロマージュ

ボルドーワインをおかわり

P1010036

P1010037 デセールには洋ナシのリキュールをいただきました

さすがに身体が伸ばせるシートだと良く眠れます

二人で爆睡

持ってきた本の出番もありませんでした coldsweats01

そして、朝ごはん

P1010039 ちびたがオムレツを選び

P1010040 ケビンはりんごのクレープ

どちらも美味しかった

こんなブロイラー状態ではこっちがフォアグラになってしまうね

P1010033_2 となりのおじ様すごかった

私たち以上によく飲んでたなぁ。。。

 

そーゆーわけで栄養と休息を充分採ったので

朝からのボルドー観光 がんばります scissors

|

2009年4月27日 (月)

旅の始まりは…

P1010022_2

エールフランスのラウンジでシャンパーニュで乾杯!

といきたかったところ…

ここはシャンパーニュは置いてありませんでしたweep

P1010025_2 なので白ワインで乾杯

良い旅になりますように…

今回はマイレージのアップグレートで

ゆったりParisへ向かいます

離陸前のウエルカムシャンパーニュ

待ちどうし~wink

ここラウンジでは早くもフラ語が飛び交っててフランス気分になっちゃいますぅ

まぁ ボルドーへの旅ですからね

旅の始まりからワイン漬けですわ coldsweats01

P1010023 ラウンジでゆっくりくつろいで

さて、これから搭乗です。

去年みたいに千歳経由はいやだよん

無事にParisへ着きますように happy01

2009 ヴァカンス・フランス

2009 ボルドー

2009 シャトーヴィジット

2009 サンテミリオン

2009 パリ

|