« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月21日 (月)

長い道のり‥

9月に入ってからblogの更新がなかなか進まず

お友達からも「blog止まってるけれど 元気?」なんて

心配メールを頂きました

心配かけてごめんね happy01

元気は元気なのですが‥

以前からの偏頭痛がひどくなり今は「神経内科」へ通い始めました

左目の周りから頬にかけての激痛が続き

もちろんそこから頭の内部も痛くなります

ひどいときは歯や首筋もこわばり保冷剤を当てながら

ひたすら痛みが治まるのを待つ毎日

たぶん「群発頭痛」ではないかと思われるのですが

その特徴の痛い側の目が充血したり涙や鼻水がボロボロでたり、ということはないのです

「群発頭痛」って聞きなれない病名ですよね

検索するといろいろ出てきますがここをクリックすると詳しくかかれてます

ようは頭の中の血管が拡張して神経にぶつかり炎症を起こしているようです

男性に多い病気のようですが最近の文献では50代の女性にも多く見られるとのことです

フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」によると

以下ウィキペディアより引用

痛みは数ある頭痛の中でも群を抜き、「スプーンで目玉をエグられる程」と例えられる事もある。 お産などよりも痛いとされ、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされ、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれている

とありますが 生きているうちに味わえる! なんて 味わいたいひとなんていませんよね

まぁ ちびたはお産も心筋梗塞も尿路結石も経験がありませんが‥

ちびたの痛みはここまでひどいものではないのでご安心を

痛みのないときはいたって普通なので家事も買い物も普通にできますし

食欲もあります

ただ飲酒は発作を誘発するそうなのでただ今禁酒中

一度試しに家で飲んでみたら大変な事になりました (#^.^#)

そんなこと試すな!ですよね …。(^.^;)

胆石の時にも禁酒できなかったちびたですが

さすがに今回はあの痛みがやってくるのかと思うと怖くて手が出ません

周りの人が飲んでいても ん~ん ひと口ちょうだい 

なんて気持ちにもなれません

病気ってすごいね

初め、目の周りがキリでさされるような痛みがでたのが一年ほど前

ちょうど胆嚢摘出術を受ける頃でしたのであの頃はそんなに気にしていなかったのです

痛みは1週間ほどで消え 3ヶ月経つとまた痛み出し

1週間ほどで消え 3ヶ月経つとまた痛み出しの繰り返しで

そのうち痛む範囲が広くなり痛くなる時間も長くなりました 

初め「眼科」でもみてもらい眼科的には異常はないと

次に「内科」でCT撮っても異常ないと

そして「耳鼻科」では軽い副鼻腔炎があると

抗生剤等を処方され2週間のむものの鼻の詰まりは取れましたが

頭痛はひどくなりばかり 三叉神経痛も疑いましたが

外部からの刺激では反応しないし

どちらかというと群発頭痛の症状に当てはまる感じです

群発頭痛は遺伝要素を持つそうで

そういえば‥ 母がやはり同じぐらいの歳の頃

片方の目の奥が激しく痛むと悩んでいた

当時は今みたいに「神経内科」や「頭痛外来」なんて窓口もなく

眼科、内科、耳鼻科とやはり回ったがどこも異常がないと言われていた

大学病院までいっても原因がわからず本人は生きる気力もないぐらい憔悴していったっけ

家族は白内障の手術を受けたときにどこかの神経が傷ついたのではないか?と疑っていたけれど

あれも群発頭痛だったのかなぁ

ちびたもやっと「神経内科」に辿りつけれたものの

今はトリプタン製剤のマクサルトという薬を処方されてますが

これがまったく効かず‥ 

これから自分に合った治療法をドクターと一緒に探していかなければなりません

はぁ~ 早く楽になりたい

今は薬の副作用で眠くなったりフワフワしたり

なんか妙にハイになったり(これも薬のせい?)

心身ともに安定しておりません

こないだなんか朝の5時から目が冴えちゃってお散歩に出ちゃいました

裏の公園で老人クラブの方々とラジオ体操なんてしちゃって

この朝寝坊のちびたがラジオ体操だなんて

これはかなりキケンな行動です(笑)

まぁ それはともかく (#^.^#)

なんだかblogを書く気分にもなれないこの頃

と いうわけでしばらくblogをお休みしたいなと思ってます

でも、またすぐに出てくるかも知れませんけれどね (^。^)

と いうことで 他は元気なので皆さん心配しないでくださいね

母も数年は悩んでいましたが

いつのまにか治って今は健康そのものにしています

ではでは A bientot  ちびた happy01

| | コメント (5)

美味しいパン屋さん

やっぱりここは載せなきゃね happy01

三浦パン屋 充麦

Photo

三浦半島の、スイカ畑が続く路の途中にある

日本民家を改造したかわいいお店

三浦で自家栽培した小麦で作られたパンが並ぶ

引き戸を開けると目の前のカウンターにずらりと並べられた数種類のパン

すぐ後ろはもう工房になっていて

お兄さんが懸命に成形してて

その横でお姉さんが釜から焼きあがったパンを取り出し

忙しそうに棚に移している

もうひとりのお姉さんがレジに立ちひっきりなしにやってくる客の応対に追われていた

「店内の写真撮らせていただいてもよろしいですか?」そんな言葉かけられる雰囲気ではなく

残念ながら写真は上の一枚だけですが

なかなか個性的なお店の中も是非とも見ていただきたいです

パンの焼きあがった匂いにどれを選ぼうか迷う‥

ハード系から日本の惣菜パンからデニュッシュ系まで幅広いラインナップ

横の棚にずらりと並んだバターロールを指し

「こちらは?」と聞くと全部予約のパンだそうだ

きっとどこかのレストランにでも卸すのだろうか

次から次へとお客さんがやってくる

あっという間に並べられたパンが少なくなると

また焼きあがった順にいろいろなパンが並んでいく

きっと時間帯によってゲットできる種類も異なるのだろうな

ちびた達が買ってきたパンはこちら

Photo_2

自家製ベーコンが入ったのと

ソーセージが入ったもの

白いバゲット型は大納言入り

Photo_3

そして小さなオレンジピール入りの食パンと

粒あんパン

焼きたてのクリームパンも買ったけれど

焼き立てなので車の中でさっそく頂いてしまった

クリームはカスタード仕立てで温かいプリンみたいだったけれど

パン生地は実に旨い

国産小麦のもちもち感とほどよい甘みが風味豊かである

なぜ パン生地の味をもっと生かしたパン・ド・ミーとか買ってこなかったのだろう

と後悔

次回は是非そっち系も買いたいな

Photo_4

自家製ベーコンがゴロゴロ入っていたパンはこの日の夕飯に

翌朝頂いた粒あんパンは面白いことにドーナッツ型に餡が入っていた

こしあんパンもあったので好みで選ぶといいかも

横浜から高速で30分 三浦市にある小さなパン屋

店内では三浦野菜も少しだけど売られてたよ

焼きたてパンを買って三崎の海を眺めにいくのもお勧めです

Photo_5

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

素敵な人たちと‥

Bp

今日はお友達がお誕生会をひらいてくれました

とっても楽しかった

携帯カメラでは上手く撮れなかったので

詳細はHanaさんの素敵なblogをみてね wink

今、禁酒中のちびた(こちらも詳細は後日‥)でしたが

皆さんのお話しにしっかり酔わせていただきましたぁ

綺麗なお花をありがとう。。。heart04

| | コメント (4)

2009年9月 7日 (月)

お誕生日の夜

Birth_1

スペインのカヴァで乾杯

先日お誕生会をしてもらったので

今夜は簡単に済ませましょう。。。

Photo

芝海老は濃い目の塩で茹で上げ

フランス風に‥

自家製マヨネーズは 卵黄、ヴィネガー、オリーブオイル、ハーブ塩、胡椒、マスタード、ニンニク を

バーミックスでガーッとすれば出来上がり

カジキのステッィク揚げは梅酢ドレッシングで‥

Birth_2

最後はポルチーニとパルメジャーノのリゾット

Birth_3

自分のお誕生日なので

自分がいちばん食べたいケーキを買ってきました

で、キハチのトライフルロール

おいしっ happy01heart04

| | コメント (8)

9月7日は‥

またひとつ歳をとってしまいました bleah

だんだん 身体もガタついてくるお年頃ですが‥

やっぱりお誕生日を祝ってもらえるのは

嬉しいものです happy01

I_11

土曜日 ケビンが連れて行ってくれたお店は

フランス・ニースで1つ星を獲得した松嶋啓介氏がプロデュースした Restaurant-I

東郷神社に隣接する緑あふれるエリア

明治通りの喧騒から一歩入ると驚くほど静かな空間

ウッドデッキの向こうにガラス張りのレストランがあります

I_12

さて 今夜はここで二日早いお誕生会を二人で祝う‥

I_21

乾杯のシャンパーニュはラルマンディエ・ベルニエ

スティック状のグジェール(シュー生地にグリュイエール-チーズを加えてオーブンで焼いたもの)が付いてきました

コースは2種類

プリフィクススタイルのコースと

シェフお勧めコース

内容を聞いて 今夜は「シェフのお勧めコース」を頂く事に‥

I_22

東京・関東の食材にこだわっているそうで

アミューズは江戸野菜から

金町小カブ 青ミニ大根 人参 プチトマト

とオリーブオイルと白味噌のディップを付けていただきます

みずみずしいお野菜はパキ ポキッ 

美味しいです

I_23

お次の前菜はカリフラワーと帆立のカルパッチョ

紫陽花風だそうです

何故 今の季節に紫陽花? なんて疑問も残ったけれど

これ 生のカリフラワーが薄~くスライスしてあって

なかなか面白いです

紫カリフラワーと黄緑色のはロマネスクという名の

ヨーロッパではよく見るロケット型のカリフラワーです

生なのでパリパリしてて面白い食感です

ドレッシングが蜂蜜と米酢って言ってました

先程のお味噌のディップもこちらも少し甘めで爽やかな感じです

さて ワインは珍しく赤のフルボトルを頼みました

前菜にもメインにも合うように

ブルゴーニュ・ピノ・ファンを選らぶ

I_4

作り手はロベール・アルヌー

2006年です

外はすっかり暗くなり

ウッドデッキのライティングが闇の木々を照らし

大人の夜時間を醸し出してます

こちらのレストラン、マンションの1階にあるのですが‥

こんなところのマンションに住むのもいいですよねぇ~

憧れちゃいます lovely

I_32

さて お次は手長海老

フランス語でラングスティーヌ

イタリア語でスカンピ ですね(^。^)

だだちゃ豆がひかれてあって

ソースはカレー風味のカプチーノし立て

こちらもさっぱりして美味しいです

なにげないカレー風味がいいですね

I_33

お魚はスズキ

カリッと香ばしく皮目が焼かれて身はふわっ

付け合せのズッキーニの花には魚のすり身がいっぱい詰まってました

こちらも たしか味噌仕立てのおソースでした

I_42

メインは群馬・上州牛のステーキ

うん 文句無く美味しいです happy01

赤いラインはビーツのソース

栗のようなジャガイモと丸ズッキーニや焼ベビーコーンも美味しかった

こちらのレストラン とにかくヘルシーでお勧めです

野菜もたっぷり バターは使わずオリーブオイル仕立てが多く

スパイスはあまり使われていないようですが‥

味も甘め、薄味 かな?

ポーションも小さめで

ヘルシー志向の今時のお料理って感じでしょうか

I_52

デセールはショコラ系と もう1つは桃のコンポート

今回はシェフお勧めコースで皿数も多かったけれど

プリフィクススタイルだと

前菜、メインの二皿構成でガツン、ガツンとくるようです

デセールも選べるランチは3、500円のコースなので

硝子越しの緑を愛でながらシャンパンランチもいいかも

今度行きません? 

I_51

別料金でフロマージュも楽しめます

I_43

綺麗なブルゴーニュ・ルージュ

ワインも飲み干し‥

I_53

エスプレッソに小菓子を頂き

今年のお誕生会もお開きとなりました

ケビン ありがとheart04

| | コメント (9)

2009年9月 6日 (日)

土曜日の午後

Photo

問題sign03

さて ここはどこでしょう。。。

駅前から通りに向かって少し高くなっているので

ゆるやかな坂道の人込みがよく見える位置

外国人の方がおもしろそうに写真を撮っていたので

いっしょに撮ってみました happy01

すっごい人だよね~

はい 正解は土曜日の原宿・竹下通りです

この先にあるレストランへ向かうのに回り道をする予定でしたが

ちょっと興味が沸いてしまい 何十年かぶりに竹下通りを歩いてみました

いやぁ すごいですねぇ 私たちには縁遠いお店がいっぱいでキョロキョロしてしまいました

でも、道の半分も来ると人込みで気持ち悪くなってきました happy01

さて この日向かったレストランは‥

                     つづく clover

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

今夜は さっぱりと‥

Photo

便利酢 うめ を使って

今夜はさっぱりした夕飯を‥

お鍋に湯を沸かし‥

塩を入れ、サッとオクラに火を通す

(ちびたは野菜を水にさらすのがあまり好きではないのでいつも硬めに茹でて笊に取り余熱を利用します)

そのお湯に和風出汁を足して

今度はキャベツをこれまたサッと茹でる

そのお湯に 今度はお酒とネギを少し入れ

片栗粉をまぶした豚の薄切り肉を茹でる

それぞれを冷まして充分に水を切り皿に盛る

「便利酢 うめ」にお醤油を少し混ぜて

上からかけて出来上がり

Photo_2

この便利酢 ホント美味しいわ

片栗粉でトロミが付いた豚肉に絡んで

ほんのりすっぱくてご飯が進みます

こんな風に盛り付けないで

キャベツをひいた上に豚肉をのせて高さをだしてもよかったね

Photo_3

もう一品は 揚げ茄子のピリ辛タレ

豆板醤に醤油、酒、砂糖、鶏がらスープの元、ニンニクのみじん切りなどなど‥

こちらもピリッとご飯が進んじゃいます happy01

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »