« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

嵐の日には‥

関東地方に台風11号が接近している

お外はぶーふーうー(暴風雨)だ pigpigpig

レンガのお家の中は安心 wink

ひとりのんびりお菓子でも作ろうか

Photo_6

昨夜作って冷蔵庫で休ませておいた

パートシュクレを焼く

Photo_7

フィリングは夏らしく‥

クリームチーズとサワークリームのムース

少しのゼラチンでやわらかく仕上げました

Photo_8

旬の果物を並べて

「いちじくのタルト」の出来上がり

無花果は少し熟れすぎてて水っぽかったので

グラニュー糖を振るいコアントローをかけ風味を出しました

Photo_9

さっそく お三時にひとりで頂く

うふっ おいしっ happy01

花が無いって書く無花果の花って

この赤い実の白いプチプチなんですって

面白いね (^。^)

| | コメント (2)

Dominique SAIBRON

Photo_5

日曜日、横浜そごうへお買い物へ行ったら

なんと 「ル・ブーランジェ・ドミニク・サブロン」が期間限定で来ていた

おぉ これまた懐かしいモンジュ(パリ5区にある美味しいパン屋さん)のパンを買っていこう

ちびたはここのエスカルゴ・ピスターシュが大好きで

赤坂サカスに日本初店舗が出来たときに喜んで買いに行った

しかし2時間もの待ち時間は考えられず すぐに諦めたっけ coldsweats01

春に訪れたパリでも

モンジュまでエスカルゴ買いに行きたいなぁ

という気持ちもあったけれど 結局時間がなくて断念

なので ここで買えるとは 嬉しいのだ

_edited1

購入したパンはこちら

バゲットとクロワッサン

パン・オ・ショコラにマロン・ブランシェ

そしてエスカルゴはピスターシュとレザンの2種類

HPをみたら日本製のバゲットは北海道産小麦を使用しているのね

どうりでパリで食べた食感とは違ったような気がしたんだ

それにこの日は雨もシトシトrain

湿気で味が変わってしまったのかもしれない‥

_edited1_2

こちらがエスカルゴ

その名前の通りクロワッサン生地がくるくると渦巻いている

ピスターシュはピスタチオクリームが

レザンはカスタードクリームに干し葡萄が

どちらもたっぷり巻かれています lovely

トースターでパリッと温めていただきました

やっぱり おいひぃ~ happy01

_edited1_3

そしてこちらは初めて食べた

マロンブランシェ

中にはマロングラッセがたっぷり入ってて

これまた 美味しいです

商品を包んでもらっている間にショーケースに立てかけてあったドミニクさんのプロフィールを読んだけど

あのモンジュのお店

「Le Boulanger de Monge」は2007年に売却されてたのね

知らなかった

んじゃ 春にわざわざ足を延ばさなくてよかったんだ happy01

尚 パリ店は14区に「Dominique SAIBRON」という名で

8月27日には渋谷・東急フードショーにもオープンされたようです

渋谷だと赤坂よりは行きやすくて よかった wink

| | コメント (0)

土曜日の夕飯は‥

ランチにボリュームある食事をしたので

夕飯はあっさりと‥

クルール春号の「あさりのスープ」が美味しそうなので作ってみた

Photo_3

玉ねぎ、人参、ジャガイモをオリーブオイルで炒め

そこにアサリを投入

白ワインでを入れアルコールを飛ばしてから水とコンソメを入れ弱火で煮込む

食べる直前に生クリームと卵黄を合わせたものを注ぐとあるが

生クリームがなかったので

仕上げに牛乳を入れて沸騰しないよう温めてみた

レシピにはサンクゼールの「フランス七味」を入れるとあるが‥

それもないので 試しに京都の黒七味を入れてみた

Photo_4

スープがちょっと汚れてしまったが

パンチが効いてけっこう合った

良かった coldsweats01

牛乳仕立てもクラムチャウダーみたいに濃くなくて

さっぱりしていて 美味しい

アサリの出汁が上手く絡んでいる

今夜はこのスープにCALVAのパン・ド・カンパーニュとモリモリサラダ

だけscissors

| | コメント (0)

すきっ腹の寅さん

Ht_1

土曜日

すっごい懐かしいお店へ行って来た

ハングリータイガー

神奈川に住んでいる方なら一度は行ったことがあるのではの

一時ブレイクしたステーキハウス

ステーキハウスといってもメインはゲンコツハンバーグのようで

紙ナフキンを両手で持ち上げて店員さんがソースをたっぷりかけてくれる時

油が跳ねないようしばらく待ったよね

Ht_2

こちら保土ヶ谷店はそんなハングリータイガー1号店

何年ぶりかに行ってみました

Ht_3

天井の高い店内

炭火焼コーナーではゲンコツハンガーグやステーキなどが炎と煙を上げて

美味しそうに焼かれている

バブルの頃は待ち時間も長くて下の階にある別館もオープンしていたけれど

今日ではこのフロアーだけで営業されているようだ

それでも満席で賑わっていた

Ht_6

さて ケビンがいただいたのは

ハングリーバーガーsign01

彼は本当にバーガー好きだ (^。^)

そして ちびたは こちら

Ht_4

Tボーンステーキ 400g taurus

もちろんケビンに手伝ってもらうのだけれど‥

今日もガッツリいっちゃいます

Ht_5

噛みしめるほどに肉の旨味が‥

牛 食ったぁ~ って感じ

満足 happy01

| | コメント (2)

金曜日‥

Photo

朝起きると

昨日買ってきた薔薇がおはよ~って迎えてくれた

昨夜あんなに食べて飲んだのに

不思議なほど気分はすっきりしている

これも本田シェフのお料理が胃にもたれないものだからだろう‥

昨夜 ケビンもやっぱり遅くって(彼の場合は仕事だが(^^ゞ)

それでも一足早く家に着いていたケビンに

いい~気分にお酒に酔ったちびたのご帰還 bleah

夕方買っておいた「野田岩」の天然鰻の蒲焼をぶら下げながら

片手には薔薇の花

まるで オヤジだ coldsweats01

それでも急いでご飯をチンshineして鰻をのせて差し出す

美味しそうに食べているケビンの顔を覗きながら

なんだか幸せな気分に‥

Photo_2

ベランダのストロベリー・アイス

三番花

最近花瓶の水は取り替えないほうが花は長生きすることを発見

仙台へ帰省するとき置いていった

花瓶に挿した花が三泊四日後も綺麗に咲いていた

あわてて水を取り替えてあげたとたん

枯れてしまったの‥

ちょっと驚いた

この三番花はもう2週間も水を替えてない

もちろん腐らないように瓶を動かしてはいるが‥ tulip

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

白なのに黒 なのだ‥

Photo

木曜日 ひさびさ 夜の外出 happy01

Hanaのお誘いで関内にあるレストランへ

Photo_2

京都の町屋風なお店の名は「ぶらん」(フランス語で白)

なのに黒い佇まい (^^)

Photo_3

Photo_4

カウンター席10だけの店内は

厨房部分が広くとってあって開放的な雰囲気である

Hanaの馴染みのシェフさんがこの度念願のお店を持ったとのことで

彼女の初めての訪問に同行させてもらった

感謝である happy01

お店については「こちら」と「こちら」に詳しく書かれてるので

覗いてみてね good

さて 店名「ぶらん」の由来は白ワインが豊富だとか‥

今夜はたっぷり料理と合うワインもいただこう

Photo_5

クレマン(泡のやさしいスパークリングワイン)を頂きながらの前菜

左から 野菜のテリーヌ 生とうもろこしのマンゴーソース和え 秋刀魚のテリーヌ

クレマンから「中央葡萄酒造 甲州」のさわやかな白ワインに変える

最近人気上昇の甲州ワイン

うん 前菜の味を引き立ててなかなかです

野菜のテリーヌはパプリカや茄子のやわらかい食感がシャキット感を残すキャベツに巻かれてて

美味しいheart04

生で食べれるとうもろこしは新鮮でないといただけないのよね

スーパーなどで見るものより色白なピュアホワイトは甘さが自慢 

マンゴーソースの酸味と合って これまた

美味しいheart04

いちばんのヒットが 秋刀魚のテリーヌ

肝と身が白トリュフに絡んでて

これまた歯ごたえの良いポワロー葱に巻かれて

美味しいheart04

秋刀魚と白トリュフって合うのねぇ~heart04

Photo_6

蟹のテリーヌには京都の白味噌フランボワーズ仕立てを‥

後味にふわっとフランボワーズの香りが‥

添えてある食用ほおずきも旬のお味でニクイです

さすがHanaさんお勧めのシェフですわ happy01

ワインは CHABLIS のLa Pierrelee に‥

Photo_7

鶏肉のガランティーヌ

出す前に皮目をカリッと焼き付けてくれました

中はジューシー 

鶏のいろいろな部位の美味しさが詰まっています

トッピングはドライトマト

この酸味がまたさっぱりさせてくれました

ワインは SANCERRE のMichel Thomas et Fils

そして SOAVE '06 のMonte Ceriani を続けていただく

こちらはイタリアワイン

Photo_8

白レバーのムースには自家製いちじくのパン

こってりと美味しいレバームースに

Bourgogne のHautes Cotes de Nuits

Gros Frere et Fils が合います

Photo_9

パスタはトマトとバジルのシンプルなもの

トマトはサンマルツァーノかな?

酸味と甘みのバランスがいいね

スパゲッティの茹で加減はもう少し固めだと嬉しい

Photo_10

きんきのカダイフ包み揚げ

サクッ ふわぁ~

赤いパプリカのソースと緑のソースはほうれん草でしょうか?

美味しかった 

ワインは Puligny-Montrachet に heart04

続いて‥Chassagne Montrachet '07 

Fernand et Laurent Pillot

モンラッシュを続けていっちゃいました

シェフに  ピュリニィ・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェとどちらが良かったですか?

と聞かれ‥

シャサーニュかな? と応えましたが‥

はっきり言って違いがよくわかりませんでした coldsweats01

でも、モンラッシェをグラスで1300円でいただけるのがたいへんありがたいです

と いうことでシャサーニュ・モンラッシェをもう一杯おかわり

なんとココまででクレマンを入れてグラスワインを9杯 頂いてます bleah

最後は炊き込みご飯と赤出汁の味噌汁がでるのですが

まだワインを楽しんでいたちびた達に

ワインに合うイタリアチーズを出してくれました

Photo_11

ワインに漬けたものと白トリュフが入ったもの

どちらも濃厚で美味しいです

フランスのフロマージュとは違ってこれもまた味わい深い

これだけ食べたのに 何故かお酒が回ってくると

満腹中枢がおかしくなるようで coldsweats01

シェフ もう一品なにか食べたい って言ったら

出してくれました (^^)

Photo_12

鴨ちゃんです

焦げ目が美しいネギちゃんを枕に

ロゼ色にローストされた鴨は

粗塩と黒七味で味わいます

ここで初めて赤ワインを‥

けど もう何を頂いたか覚えてません coldsweats01

多分 ブルゴーニュ・ルージュかな?

いやぁ~

今夜もよく食べてよく呑みました

お店を出る頃はそろそろ最終電車の時刻‥

シェフに見送っていただき通りに出ると

暗い路地から煌々と灯りを放っている一軒のお花屋さんが‥

どちらからともなく お互い自分のために花を買う‥

夜風が気持ちよいひとときだった

Hana 美味しくて素敵な時間をありがとうheart04

Photo_13

| | コメント (2)

2009年8月29日 (土)

コロッケパンとカンパーニュ

Photo_12

CALVA」のコロッケパン

なんだか丸くてかわいい (^^)

Photo_9

もちろんコロッケもまん丸

ウスターソースが軽く絡んで野菜もサクサク

出来立てはもっと美味しいんだとうな happy01

Photo_10

翌日はパン・ド・カンパーニュでサンドイッチに

卵に生ハムにクリームチーズ

夏野菜のマリネも挟んで栄養たっぷり

Photo_11

かぼちゃの冷製ポタージュも作りました

なんだか生クリームの模様が

心理テストの絵みたいになっちゃった happy01 

| | コメント (0)

CALVAのケーキ

先週の土曜日

実家へ行った帰りに大船の「CALVA」へ寄った

念願のケーキを購入 happy01

Photo_3

マダガスカル産カカオを使ったガトーショコラと

Photo_4

桃のショートケーキと

Photo_5

フランボワーズとピスタチオクリームのタルトと

Photo_7

クレームブリュレ

どれも美味しかったheart04

ショートケーキの生クリームがコクがあるのにさっぱりしていて

ん? これはどこの生クリーム使っているのだろう???と

この感じ 上野桜木にあるイナムラショウゾウさんに似ているような?

って 食べ比べしたわけではないので錯覚かもしれませんが coldsweats01 

ショコラもタルトも赤ワインに合って美味しかった

クレームブリュレは二層になっていました

涼しくなたら また買いに行きたいな happy01

| | コメント (2)

メガネ 変えました

Photo

いくらか涼しくなってきたなぁ

ってほっとしていたら‥

ここ数日 残暑が戻ってきましたねsweat01

やれやれ catface

少しPCから離れておりましたが

以前からの片頭痛がひどくって

鎮痛剤が切れると我慢できないほどに

左目の周りから頬骨にかけて

ひどいときは歯も痛く頭全体も割れるようだった

おまけに鼻血もポタポタ落ちるし‥ 

病院でCTを撮ってもらったが異常なし

眼科も耳鼻科もこれといった所見もなく安心しましたが

んじゃ なんでこんなに痛いの?

それが片頭痛よsign01 

ってなんだかすっきりしないままですが coldsweats02

写真だけは撮り溜めておりましたのでボチボチblogに載せていこうかなと思ってます

あっ 頭痛は相変わらずで薬と上手く付き合っていくしかないようです

Photo_2

先日 仙台駅で買ってきた

「じゃがりこ 東北限定 ずんだ」

ここ数年 仙台へ帰省する度に買ってきちゃってます

なんかはまってしまう味なんです

パッケージもなんだかかわいい

なんで東北限定がキリンなのかわからないけれど

キリンが花笠音頭の格好しているのもおかしい happy01

| | コメント (2)

2009年8月19日 (水)

残暑お見舞い申し上げます。

Photo_26

まだまだ暑い日が続いております

皆様 お元気でしょうか?

素敵な夏休みをおくれましたか?

ちびたはちょっぴり疲れ気味

食べ疲れ という話もありますが coldsweats01

ちょっと小休止

涼しくなったら出てきます

ではまた Salut happy01

| | コメント (2)

2009年8月17日 (月)

あぁ 夏休み♪

Photo_23

ケビンの夏休みも今日で終わり

最後の一日は家でゆっくりくつろいだ

夕飯は少し早めにスタート

Photo_24

浅利と万願寺唐辛子のワイン蒸し

万願寺唐辛子がやわらかくて甘くて

浅利のエキスを吸って美味しかった

Photo_25

こちらはポルチーニのタリアテッレ

乾燥ポルチーニをもどして、そのお汁も入れてクリーム仕立てに‥

しかし ケビンの夏休み11日間

実によく食べた coldsweats01

blogには登場していないがちびたの実家へ「なだ万」のお弁当を買っていったり

焼肉食べにいったり、ヒマラヤカリーを食べに行ったりと

実はまだまだ食べものネタはあったのだ‥coldsweats01

本当に こんな生活を続けてたら‥ shock であるsweat01

明日からいつもの日常が戻ってきます

この11日間 二人で歩いたりダンベル体操したり と少しは努力もしたけど

生活リズムを立て直して行こうと思います

まだまだ 暑い日は続きそうだね sun

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

サンクゼールで‥

Photo_14

昨日銀座へ出たときにモザイク銀座阪急の「サンクゼール」で買ってきた

「韓国万能たれ」と「便利酢 うめ」と「生野菜入り農場ソース」と「ステーキガーリックソース」

いちばん気になっていた「便利酢」はそのまま使えて名前どおり便利とのことshine

Photo_15

「梅」「レモン」「唐辛子」とあったけれど

今回は「梅」を購入

さっそくHanaのレシピを見ながらキュウリと蕪と茗荷で一品

Photo_16

蕪とキュウリを塩もみし、洗い流した後軽く搾って

茗荷と一緒に「便利酢 うめ」に浸し冷蔵庫でやすませたもの

さわやかな夏の一品に最高であるsign01

そして「生野菜入り農場ソース」でもう一品

過去のHanaレシピを参考にカラーピーマンとイカで作ってみた

Photo_17

Photo_18

サンクゼールにはHanaのレシピがいっぱい

Photo_19

見ているだけでも綺麗で美味しそうで

幸せな気分になれる‥

さて、今日のメインディッシュはなんとケビンが焼く と言ったステーキ

彼曰く フランスで食べたしっかり噛み応えのあるステーキが食べたいと

日本の霜降りも美味しいけれど

噛めば噛むほどに肉の美味しさが出てくるフランスのステーキはちびたも大好きである

これが本当の肉の旨さだsign01 と実感する

Photo_20

お肉屋さんで赤身の和牛をカットしてもらい

フライパンで表、裏をこんがり焼き旨味を閉じ込め

ブランデーでフランベ 

Photo_21

中はレアに焼きあがりました

ジャガイモのグラタン・ドフィノワはちびたが作って添えました wink

Photo_22

塩・胡椒でも充分美味しいけれど‥

今夜はステーキガーリックソースに柚子胡椒をつけていただきました happy01

近いうちに「韓国万能たれ」で海老ちりに挑戦しよう

簡単で美味しい便利なソースやタレ

皆さんもいかが? (^。^)

| | コメント (3)

2009年8月15日 (土)

居酒屋 ちゃんと。

また 食べ物ネタですかぁ~ sad

とPCの前でお腹いっぱいのあなた

はい ちびたとケビンの夏休みはほとんどが食べ歩き foot

今日は昔からの仲間と新橋の居酒屋で飲み会です

Photo_12

生ビールから始まって日本酒、チューハイと皆さん

のむのむ beer bottle bar wineshine

最近の居酒屋料理はなかなか旨いのです

Photo_13

今が旬のとうもろこしの天ぷらは甘くて絶品

出汁巻き卵のあんかけもとうもろこしが入ってました happy01

ケビンと知り合った頃からの仲間

皆 歳をとったねぇ~なんて話しながら

若かりしき頃 ここの下にある居酒屋「天狗」でかなりハジケタ「天狗事件」を肴に

今宵もまた 酒に会話に酔いしれたのでありました~ happy01

ん~ん こんな生活続けていると そのうち破産するか病気になるかだな bleah

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

Chez Kentaro

Photo_10

8月1日にオープンした「シェ・ケンタロウ

シェフの鈴木謙太郎さんはかつて「ミクニ」で修行され

葉山の「ホテル音羽の森」の総料理長を経てこの度こちらのお店を持たれた方

1階にあるブーランジェーリ・パステリーCALVA」の田中シェフとはお友達さそうで

ちびた達とはGW明け、パン職人のYoshimiさんを囲むパーティの席で顔を合わせている

その時点で決まっていなかったサーヴィス係りが なんと遅れてパーティの席に現れた女の子に

彼女はちびたがパリでお世話になった元YBIスタッフで

なんと、ちびた家から徒歩5分の同じ町内会に住むご近所さんなのである

シェフ達とは初対面の彼女

いい~人材がいますよ~ なんてたまたま盛り上がった席で本当に商談成立

彼女は新しいレストランのスタッフに迎えられたのである‥

そんないきさつもあって今回のオープンを楽しみにしていたちびた達 happy01

Photo_2

うだるような暑い夏の日の午後

夕方になっても気温は下がらず

出来立てのお店のドアを開けると

別世界の空間と、馴染みの彼女の笑顔が涼しげに迎えてくれた

フランスの旨いものは地方にあり と

こちらのレストランではフランス各地の郷土料理がいただけるようです

そんなシェ・ケンタロウのメニューはこちら

Photo

前菜はシェフ拘りの食材で組み立てられています

Photo_3

そしてメインは

どれもこれも注文したくなってしまう

フランス好きにはたまらないお料理の数々‥

Photo_4

こちらは「本日のおすすめ」の黒板

ケビンはこちらから

「タスマニア産サーモンの自家製燻製」を

Photo_5

ほどよく燻製され、しまった味はグラスシャンパーニュにピッタリ

そしてちびたは前菜のメニューから

「地野菜のテリーヌ」を

Photo_6

見た目も美しいテリーヌですが

見てくださいこの厚みsign01

お野菜はシャキとしていてコンソメの味もしっかりついて

醤油とにんにくベースのソースがまた美味しくって

グラスシャンパーニュをお変わりしてしまいました

さて メインはいろいろいろいろ悩んで‥

ちびたは黒板メニューより「仔羊肉のクスクス」を

Photo_7

おぉ eyesweat01

こちらはなんとストウブで出てまいりました

Photo_8

そして山盛りのクスクスに自家製メルゲーズ(仔羊肉のスパイシーソーセージ)が串刺しに‥

ストウブのスープをクスクス(粉状のパスタ)にかけていただきます

美味しい~heart04

お野菜の濃縮した味と仔羊のやわらかいお肉がベストマッチです

これに辛~い青唐辛子がほしいところですが後からサーヴィス係りの彼女がルイユ(にんにくが効いた辛いマヨネーズ)を持ってきてくれました

ここで彼女と「クスクスといったら ジーナだよね wink」と話題が上がる

ジーナ とはちびたがパリでホームステイしていたアルジェリア出身のマダムのお宅

ジーナの作るクスクスは家庭の味で ほんと美味しかったのを思い出したのであります

さて ケビンのメインは‥

Photo_9

こちらもストウブで調理されてきた

Photo_10

シュークルートshine

Photo_11

シュークルートはアルザス地方の郷土料理で

ドイツに近いアルザスならではのソーセージや豚肉、ジャガイモをザワークラフトの上に乗せ蒸し焼きにしたもの

お肉はホロホロに 自家製ソーセージは皮がプリッ中はジューシー

ジャガイモも赤身をおびた栗のようなもの

スープも美味しい

しっかし 量が多いのですsweat01

二人で ストウブ2つはさすがにキツカッタ …。(^.^;)

ここはグループで来て いろいろなお料理をシェアしながら頂たいな

このストウブという鉄鍋 以前から欲しかったけれど

今回のお料理を頂いて やっぱり買い求めたくなってしまいました scissors

鎌倉は大船駅にあるこちらのレストラン

1階のカルヴァと共にお勧めです

ストウブ料理はこれから秋に向かってなおさら恋しくなるお味だと思います happy01

尚 こちらのお店では1階にあるカルヴァのパンが頂けます

バゲッドとカンパーニュが籠盛りに食べ放題

こちらもとっても美味しくておすすめ wink

| | コメント (5)

CALVA

Photo

またまた美味しいパン屋さんの紹介である happy01

8月1日 鎌倉市 大船駅近くにオープンした

ブーランジェリー・パティスリー CALVA

こちらの田中シェフとはフランス在住のパン職人Yoshimiさん関連で知り合いとなった

「8月にお店オープンするので来て下さいよ~」という嬉しいお誘いにさっそく足を運んでみた

元々お父様がケーキ屋さんを営まれていた場所に自社ビルを建て

一階がパン・ケーキ屋さん

二階が工房

三階にはお友達がフレンチレストランをと 同時オープンの運びとなったのである

田中シェフの作り上げるパンは、あのYoshimiさんが絶賛する質の高いもの

Photo_2

そしてパティシエである弟さんが作る洋菓子が真新しい店内に宝石のように並んでいたshine

Photo_4

さぁって 何をいただこうかなぁ happy01

Photo_5

バゲットは3種類あって悩むなぁ~

ハード系のパンも美味しそう~

フランスパン系のお店だけれど‥

しっかり日本の惣菜パンも並んでいて嬉しくなる

Photo_6

で、買ったものは こちら (^^)

Photo_7

バゲッド・トラディショナルにオリーブ入りパン

胡桃の入ったパン・オ・ノア

そしてヴィエノワズリーの代表としてパン・オ・ショオラ

大好きなカヌレをふたつ

写真にはないけれど‥ケビンは ねじりパン(お砂糖がまぶしてあるやつ)も買いましたwink

Photo_8

バゲットはひさしぶりに日本で美味しいものに出会えた!って感じ

ハード系ももちもちしていて美味しいです

Photo_9

包み紙もかわいいでしょ

今日はこの後3階にあるお友達のフレンチレストランへ行くのでケーキ類は諦めたけれど‥

次回は弟さんが作るパティスリーも絶対買いにくるからね

田中シェフ これからも頑張って美味しいパンを地方に発進していってくださいね~

実家へ行くときにはちびたも寄りらせてもらいます

と いうことで お次は3階にあるフレンチ・レストランのレポートです happy01

 

| | コメント (2)

2009年8月12日 (水)

POINT ET LIGNE

東京駅 新丸ビルB1にある美味しいパン屋さん

POINT ET LIGNE」 ポアン・エ・リーニュ

日本語に訳すと 「点 と 線」 という意味

青山の「デュヌラルテ」や吉祥寺の「ダンディゾン」を手がけた浅野正己氏プロデュースのお店

スタイリッシュな対面式ブーランジェリーである

「ダンディゾン」は遠くてまだ行った事がないけれど

青山の「デュヌラルテ」は大好きなお店で

骨董通りにあった頃は何度か足を伸ばしては買いに行ったけれど‥

表参道に移転してからちょっとご無沙汰していた

3店舗はもちろんシェフも経営者も違うので店頭に並んでいるパンの種類も異なる

けれど、「デュヌラルテ」も「ポアン・エ・リーニュ」もフランスにはない

また違った味わいの美味しいパンが並ぶお店だshine

Photo

昨日のワイン会の時にこちらのパンを差し入れさせて頂いた

ワインに合うパン ということで

北海道産小麦を使用したモチモチの食パンとオリーブオイルを練りこんだパン

そして、くるみとグリーンレーズンのパンや

材料は同じで形を変えて焼き上げた2種類のクロワッサン等を並べてみた

成形を変えただけで食感が変わって面白いものである

手前にある丸いプチパンは チーズ、オリーブ、コーンの3点セット

どれも上質の材料がかもし出す味わい深いパンである

Photo_2

こちらは自宅用に買ったパンhappy01

バゲッド型の細いものはなんと アンパン!

「アンビザー」という商品名でこちらのヒット商品だとか‥

オリーブオイル風味の生地に黒糖を使用したコクのあるなめらかなこしあんが入っている

セミハード系のアンパンもこれまたオツなもの

なかなか美味しい happy01

そして右上のパウンド型は「大納言」 その下のプチパンはマスカルポーネクリームの入ったクリームパン

そして、最後 黒いのがチョコレートパンでココアを練りこんだ黒い生地にバローナ社のチョコがゴロゴロと入っていた

どれも日本のパン屋さんにもフランスのパン屋さんにも置いていない斬新なものだ

そして しっかり美味しい

もしも東京駅で出たら‥ちょっと足を伸ばして新丸ビルへ

たまにはこんな風変りな にっぽんのパン いかがですか?(^。^)

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

3ème ワイン会

Photo_5

épi」さんでのワイン会も3回目となった

前回のワイン会はこちら

毎回テーマはどうする?

なんてépiシェフと話しを進めている時間も楽しい

そして、今日は本番

さぁて 今回もすごいですよ~heart04

なんと シャトー・マルゴー Château Margaux 2002

DRCからグラン・エシェゾー Grands Echezeaux 2004 の2本です。

前回よりは会費UPにしましたが

この2本を手に入れてくれたépiシェフはさすがです

それもネットで買える格安のものは船便で赤道を通って日本へ来るために保存状態が良くなくて美味しくない 

そんなワインはいくら格安でもNGです

こちらは空輸便で輸入されたものを仕入れてくださいました

さて、ここでワインをよくわからないかたのために ちょっと説明を happy01

まずは シャトー・マルゴー こちらはご存知の方も多いのでは?

あの小説「失楽園」で有名になったフランスはボルドー地方の高級赤ワインです

過去ログでもふれましたので「こちら」も参考になさってください

そして 今回のメインでもある DRCsign01

DRCとは ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ のことで、フランス・ブルゴーニュ地方

ヴォーヌ・ロマネ村にあるワイン製造会社です

そこの葡萄畑とそこから生産されるワインは

ワインの最高級品 「ロマネ・コンティ」をはじめ‥

「ラ・ターシュ」 「リシュブール」 「ロマネ・サン・ヴィヴァン」 「グラン・エシェゾー」 「エシェゾー」 「モンラッシュ」 があります

どれもなかなか買えない高級ワインです

で、今回はそのなかから こちら

Photo_7

グラン・エシェゾー Grands Echezeaux 2004

このエチケット(ワインラベル)憧れですよね lovely

一本10万円近くはするワインです

さて、今回のワイン会

8人で2本では さすがに量としては足りないでしょう‥と

各自お手軽なワインも持参ということにしました

お手軽 といってもエシェゾーやマルゴーの後にのむわけですからぁ

まぁ それなりのワインをsign01

ということでépiシェフが出してくれたのが なんと 

ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ ブルゴーニュ・ルージュ

シェフ ありがとうございます happy01

Photo_18

こちら 今回のグラン・エシェゾーと同じ2004年のもの

同じ年のドメーヌ違いの2本のワイン飲み比べてみましょう

ということです

いやぁ なんとも贅沢ですねぇ

ということで ここはブラインド試飲で行きましょうと

Photo_9

どちらかが あのDRCです

ひとつひとつ 香りを嗅ぎ‥

わぁ~ 嗅いだ事ない香りだわ これっ

すっごいいい~香りぃ

等と ため息が漏れます

グラスを回して空気に触れさせ ひと口含む‥

うん この複雑な香りと余韻

これが高級ワインの持つ素晴らしさなのね

で、 どっちよsign01 DRCは? と聞くと 何故か皆さんなかなか答えを出してくれません

大丈夫 ”映す価値なし”などありませんからぁ(笑)

まぁ ほとんどの者が当てたDRCの香りの素晴らしさ

やっぱり高いワインは素晴らしいってことですかね

Photo_17

でも このルーミエもなかなか美味しいです うんheart02

Photo_19

そしてシャトー・マルゴー Château Margaux 2002 

こちらはボルドー5大シャトーのワインの女王

ブルゴーニュとはまた違った深みのあるワイン

こちらも素晴らしい 名が知れているだけのことは大有りですね うん

ということで、ブルゴーニュとボルドーの一流ワインがいただけたこのワイン会は最高でした

Photo_10

お料理も持込でいろいろ並びました

が、ウマイワインにはパンだけで充分 という意見も‥

たしかに 次回はワインの香りと味だけを十二分に楽しむようにしましょうか? wink

そして、お料理に合うのはこちら

Photo_11

ちびた家はGWにボルドーで買ってきたサンテミリオンのグラン・クリュです

まぁ DRCの後ですが(^^ゞ

果実味の豊かさで美味しかった

Photo_12

そしてこちらはめずらしいイタリアワインで

ソーテリヌのような褐色がかった白

なかなか美味しかったです

Photo_13

最後は さっぱり系の白

こちらもイタリアですね

Photo_14

今回はépiさんからお鮨の差し入れや乾杯のシャンパーニュも出していただき

申し訳ないばかりです

皆さん 次回のワイン会でお返しさせていただきましょうね happy01

Photo_15

夕方から始まった会も 時間が流れ すっかり夜も更けて‥

楽しい美味しい素晴らしいワイン会も終演となりました

Photo_16

次回は来年のお正月でしょうか?

今度は「ロマネ・サン・ヴィヴァン」ですか?

楽しみですね happy01

| | コメント (2)

今年も行きました。

仙台駅に入っている塩釜の「すし哲」さん

毎年、横浜へ戻る時に寄るもんですから

すっかり顔を覚えてもらっちゃったみたいです happy01

カウンター席に付くと店長が(塩釜の本店にいる親方の長男さん)ちびた達に付いてくれます

しかし‥ 今日は渋滞にはまってしまい帰りの新幹線に乗るまでの時間があまりありません

なので世間話もままならず‥ 

とにかく握っていただくことに  coldsweats01

Photo_16

こちらに来たら やっぱり「がぜ海胆」はいただかなくてはね

うん 甘くておいしい~ happy01

Photo_17

そして これまた定番の「鮑の肝焼き」

あぁ~ 日本酒が欲しくなる~

けど、今日は白ワインをぐびっとね

Photo_18

中おちの鉄火巻き

う~ん おいひぃ

昨夜の「あさひ鮨」も美味しかったけれど

こちらも最高ですsign01

お鮨は毎日食べても飽きないね

Photo_19

ひかりもの いっちゃいましょ

こはだ  旨いsign01

Photo_21

しめ鯖  旨いsign01

Photo_20

ケビンは 鰯を

どれも ピッカピカshine

Photo_22

そして  ひらめ

Photo_23

ちびたは 帆立  甘いsign01

Photo_24

そして めずらしく いくらもいっちゃいました

さてさて 時間も迫ってまいりました

ここは王道で締めくくりましょうか‥

大間の本鮪 fish です

Photo_25

まずは ケビンが赤身

Photo_26

そして 二人とも 中トロ 

おいひぃ happy01

Photo_27

そして 最後を飾るのが 大トロ

もちろん 二人でいっちゃいました

おいひぃ 旨いよ~ ほんとにぃ

味があって脂がさっぱりしています

さすが大間の鮪です

店長 曰く 今の時季のものはそれでも味が少し落ちるとか‥

これは特別にと12月に捕れたものを握ってくれました

名店では顔になっておくものです wink

そして 最後に出てくる自家製桃のシャーベットを頂き

Photo_28

いそいでお土産を買って 新幹線に乗り込みました

店長さん また来年くるからね

来年こそは、もっと腰を落ち着かせてゆっくり会話を楽しみながら頂きたいものです

って この店で腰を落ち着かせたら‥いったいいくらかかるのかしらん って(汗)

さて 今年もこの後、恵比寿で恒例のワイン会が待ってます

こんな生活続けてると いつか身体壊すよね sweat01

| | コメント (2)

2009年8月10日 (月)

仙台に来ています。

Photo_9

来るときの新幹線はなんとピカチュウだった happy01

けびんの実家は仙台市内の小高い丘の上

両親が二人で住んでいます

ちびた達の帰省に合わせてお兄さん夫婦も集まり

賑やかに過ごさせていただきました

春先に体調を壊したケビンママも思ったよりもぜんぜんお元気で

よかった (^。^)

そんな家族で今夜は馴染みのお寿司屋さんへ出かけました

気仙沼あさひ鮨

気仙沼に本店があるこちらのおすし屋さんは有名で

首都圏デパートの物産展に出展することも多いのでご存知の方もいるのではないでしょうか‥

名物には「ふかひれ寿司」なんてのもありますが

気仙沼だけにぃ coldsweats01

まぁ これは一度食べればいいでしょう 

もちろん産地直送の新鮮なネタでお寿司はとっても美味しいですnote

Photo_10

まずは生ビールで乾杯

鯵やつぶ貝の刺身をつまみながら東北の酒を楽しむ‥

Photo_11

盛切り で~heart04

ぐびぐびいっちゃいますぅ

Photo_12

握りは「店長おすすめ」を‥

Photo_13

美味しかったですよ~

そして なんといっても絶賛したのが

こちら

Photo_14

前沢牛の握り です

もう~もう~もう~ 旨い!!!

Photo_15

そして 嫁たちは‥

仲良く酒を組み交わすのであった bleah

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

ウォーターフロント

今日からケビンの実家 仙台へ帰省

で、その前に‥

本日オープンの「日産グローバル本社・ギャラリー」を覗いてきた

Photo

「横浜そごう」の2階テラスから陸橋で繋がった新しいビル

Photo_2

対岸に立ち並ぶ高層ビル

Photo_4

潮風が気持ちよい

Photo_5

中に入ってみると

吹き抜けのギャラリーがこれまた気持ちよかった

Photo_6

Photo_7

時間があったらもう少しゆっくり見たかったけれど‥

ここがオープンしたことによって横浜駅から

「みなとみらい」地区がさらに近くになりました happy01

開国博Y+150」も今開催されているMM21

ますます発展していくエリアですね

Photo_8

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

毘沙門せんべい 福屋

神楽坂は毘沙門天善國寺のまん前にある

美味しいおせんべい屋さん

毘沙門せんべい 福屋

今日はこちらにお煎餅を買いにきました。

Photo_9

ん~ん 写真がボケてしまい 残念sweat01

店内には美味しそうなお煎餅やおかきが並んでいます

ひっきりなしにお客さんが入ってきて

人気店なのですね happy01

さてと ちびた達は明日からケビンの実家、仙台へ行きます

で、その手土産に と数点をお買い上げ

Photo_10

仙台へは「福おかき」の箱詰めを‥

後はちびたの実家に行くときのお土産や自宅用です

職人さんが炭火で焼き上げているお煎餅

Photo_11

さっそく家に着いてから玉ねぎ味の「黄金あげ」をいただく

うん いい~お米を使っているって感じ

上品な美味しさです heart04

Photo_12

歌舞伎好きのちびたママには

中村勘三郎さんが「もっと焼いて 焦がして」とのリクエストで出来たとかの

「勘三郎せんべい」も‥

歯が弱くなっている母には辛いかな?

まっ 無理だったら私たちがいただきましょう bleah

| | コメント (0)

夏休み‥

Photo

ケビンは今日から夏休み‥

ド暑いなか 神楽坂まで二人で出かけた

お盆も近いから都内もすいているかな?

なんて‥ 甘かった coldsweats01

Photo_2

ランチに予定していた「ラ・マティエール

もう予約で満席sign01

残念sweat01 でも まっ 神楽坂には美味しいお店がたくさんあるので他をあたりましょう (^。^)

しかし‥ 暑いsun

なので歩いて数分の「アンジェラ」へ駆け込む

ちょうどピッツァも食べたかったので即決sign01

Photo_4

前菜のガスパッチョが汗ばんだ身体に染みてく~ (#^.^#)

添えてあるのはフォッカチャとサラダ

Photo_5

今日は二人ともピッツァに

ちびたはカルボナーナ(卵やベーコン)とフンギ(いろんな茸いっぱい)のハーフ

Photo_7

ケビンはシラスと刻み海苔とナポリターナ(アンチョビとかが入ってる)のハーフ

シラスと刻み海苔がヒットでした happy01

それぞれグラス・シャンパンとグラスワインを飲んで‥

Photo_8

ドルチェはリコッタチーズケーキを頂き やっと落ち着きました

おいしかったぁ happy01

さて‥ 実は今日 神楽坂まで出てきたのには目的が‥

                         つづく‥

Photo_6

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

約束の旅路

最近暇なので (#^.^#) よく映画を観ます

今日はBSで最近放送されたこちらの紹介

Photo

約束の旅路」 フランス映画(ラデュ・ミヘイレアニュ監督)

1984年11月から85年1月にかけて、イスラエルと米国の指揮の元エチオピア系ユダヤ人をイスラエルに帰還させるという大規模な作戦が展開された

それが「モーゼ作戦」である。(公式HPより‥)

知られざる史実を題材にしたヒューマンドラマ

家族を失い、母と二人、歩いてスーダンの難民キャンプにたどり着いた9歳の少年

そこも死と隣り合わせの地であった‥

少年の母親は、キリスト教徒でありながらも、自分の子どもをイスラエルへと脱出させるために、あるユダヤ教徒の母親の子どもになりすまさせ、ユダヤ人と偽ってひとりイスラエルへ脱出するようにと命じた

真実の名前を隠して生きる新しい土地

遠く離れた母を想い‥ ユダヤ人だと偽ることに激しく葛藤し成長していく少年

日本人にとって「ユダヤ人」はなんだか複雑で遠い存在に感じてしまう

1984年 自身の青春真っ只中の時代に このような現実が地球の向こう側で起きていたことに

恥ずかしくも無知であった自分

なかなか感慨深い作品との出逢いであった

2時間半の上映時間もまったく長く感じることなく

生きるとは‥人種とは‥宗教とは‥ 祖国への想いとは‥

それぞれのキャストの素晴らしさ 製作者の熱い思いが胸に響いた作品であった。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

ビタミンB1を摂りましょう

Photo

夏バテに豚肉がいいらしい 

ということで 今夜は角煮 pig

蜂蜜を入れてやわらかく煮る

Photo_2

ホロッと箸で崩れるお肉と

味が染み込んだお大根

ケビンは汁を白いご飯にかけて食べるのがお好きとか

ちびたはやっぱり味付け卵かな 

一晩おくと もっと美味しくなるんだよね happy01

もう一品は ゴーヤー、モロッコインゲンをべーコンと胡桃で炒めた

色の濃い野菜も大切ね (^。^)

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

いくつになっても輝ける!

Photo_21

なんだかはっきりしない休日の空‥

1人でDVDを観る‥

マルタのやさしい刺繍

スイスの小さな村に住む80歳のマルタは

ご主人に先立たれ生きる目的をなくしていた

そんな彼女を元気付けようと世話をやく3人の女友達

いつのまにか忘れていた若かりし頃の夢

自分がデザインして刺繍した「ランジェリーショップ」を開く事

ふとしたきっかけでその夢を叶えたく行動を起こすマルタ

そんなマルタに女友達も刺激されていく

保守的な村民には「いい歳して 下着屋だなんてはしたない」と軽蔑され

老人は大人しくしていろと言わんばかりの息子達にも理解されず

一度は夢を諦めかけるのだが‥

スイスの牧歌的な美しい風景‥

ひと針 ひと針 心を込めて刺し込むやさしい刺繍‥

上質の素材で手作りされていくランジェリーはため息もの

夢に向かっていくのに年齢なんて関係ない

村民に見向きもされないランジェリーショップを外に向けたくて

老人クラブでインターネットを習い始めるお友達

身体が不自由な夫を老人施設に入れようとする息子に対抗して

車の免許を取って自分で病院への送り迎えをしようと行動を起こすお友達

皆さん とっても前向きで素敵shine

目的を持つと人はこんなにもキラキラ輝いた笑顔になるのね

おばあちゃまたちに元気を頂きました

そして いくつになっても 見えないところこそ

お洒落にね そんな乙女心 忘れたくないな happy01heart04

| | コメント (2)

2009年8月 1日 (土)

夏パスタ

Photo_8

今夜は 夏祭りの後なので簡単にパスタ

万願寺とうがらしとイカのリングイネ

にんにくを効かせたペペロンチーノ味

フライパンに茹で汁とオリーブオイルを入れて乳化させるのがポイント

最後にちょっぴりお醤油も 隠し味にね happy01

| | コメント (0)

夏だね !

Photo_7

今日は町内会の盆踊り大会

ケビンは自治会の体育指導員なので朝から出動sign01

やぐらを立てたりテントを張ったりと大忙し

妻は‥ 冷房の効いた家で独りお留守番 coldsweats01

日中は暑かったけれど

盆踊りが始まる頃には気温もぐっと下がり

涼しい風が吹いてきた

ベランダに出ると盆踊りのお囃子が聞こえてくる

さてと そろそろちびたも顔を出そうかな(^。^)

Photo

縁日ではそれぞれの係りの方が頑張っておられます

Photo_2

ちびたのマンションは「やきとり」の屋台を出展です

ちびたが行った頃には全て売り切れておりました

よかったねshine

Photo_3

Photo_4

子供達はヨーヨーなどに夢中

Photo_5

Photo_6

やぐらを囲んで盆踊りも盛況に‥

最後に抽選会が催され盛り上がりました

近くの大学の留学生達もご招待され

国際色豊かな浴衣姿に花が咲きました

マンションに住んで11年 初めて夏祭りに参加しましたが

夏らしくって いいもんですね happy01

ケビンは明日も後片付けや打ち上げで一日忙しそうです

でも 雨もふらなくって 涼しくなってよかった (^。^)

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »